にんにく注射の効果が風邪にもいいってホント?注意点をまとめました

にんにく注射は風邪に効果があるかどうか、もしあるなら打ってみたいと思う方も多いと思います。

にんにく注射の成分はビタミンB1です。

ビタミンB1には硫化アリルが多く含まれています。

そしてその硫化アリルが多く含まれたアリナミンが、風邪をひいた時に一番効くと言っている方もいました。

とにかく速攻で効くようです。

ということはアリナミンと同じ成分が入っているにんにく注射も効果があると言えます。

d391147032acbf0ed1df1c9f6a911d72_s
もしも風邪をひいて辛い時は普通内科や耳鼻科に行って薬をもらうと思います。

そのような時に一緒ににんにく注射をしてもらうというのも選択肢の一つかもしれませんね。
もともと硫化アリルは風邪予防に良いと言われています。

硫化アリルが多く含まれている食べ物にはニンニク、タマネギ、長ネギなどがあります。

どの野菜も独特の臭いがありますね。

これらは、疲労回復や抗酸化作用、動脈硬化や脳梗塞の血行障害も予防するといわれています。

また、長ネギ農家の方達は風邪をひきにくいとも言われているそうです。
あるクリニックでは、風邪をひきやすい方にはにんにく注射がおすすめだと書かれていました。

また別のクリニックでは、風邪の初期の方や治りきらない方におすすめと書かれていました。
では実際ににんにく注射を打って風邪が良くなったという口コミがあるかどうか探してみました。
「重い風邪だったのに急に元気になりました。」

「いつも風邪のひきはじめに筋肉注射を打つようにしてますが、あまり広くならずに治ります。」

「どうしても外せない用事があった時に薬を出してもらい、にんにく注射も打ったらすっきりして出かけることができました。」

「風邪がなかなか治らずに筋肉注射が効くと聞いて、病院で注射してもらいました。翌日かなりすっきりして効果を感じました。」
逆に、にんにく注射は風邪に効果はないという意見もありました。

それも咳の風邪だと難しいということです。

でも医師も効果があると言っていることですし、風邪の引き始めの方はにんにく注射を打ってみる価値はあるかもしれません。