にんにく注射には副作用はないって本当なの?

芸能人やプロスポーツ選手だけでなく、一般の方でもにんにく注射を打つ方が増えてきました。

しかし、副作用がないのか気になっている方も多いと思います。

2016y08m27d_221536223

結論から言うとにんにく注射に副作用はないと言われています。

にんにく注射の成分はビタミンB 1で、もし大量に取って余分になったとしても、尿とともに排出されるからです。

ただ、ニンニクの臭いが注射後に感じられるために、にんにくが嫌いな方はその臭いを嗅いで気分が悪くなるという可能性はあります。

その日にすぐに臭がしたとか、2日間ニンニクの匂いが消えなかったという話もあります。
逆に注射したときだけですぐに臭いは消えてしまったという方もいます。
ただこうなるとニンニクの臭いが周囲の方にもわかるのではないかと気になる方もいるかもしれませんが、その心配はあります。

自分で感じるだけの時と、周囲の人に気づかれるケースもあるからです。
にんにく注射の副作用はないと言われてますが口コミを見ているとこんなこともありました。

にんにく注射を打った後に腕が腫れたというのです。

この理由としては、にんにく注射は静脈注射なので下手な方が打つとこのように腕が腫れてしまうこともあるのです。

また、これも稀にですが看護師が処方するときにずれてしまって、また反対の腕でやり直しをするといったこともあるようです。

これは特ににんにく注射に限った事ではありませんが、可能性としてそのようなことがあるのですね。
また、非常に数は少なかったですが、打った後に気分が悪くなった方もいました。

にんにく注射の副作用が気になっている方はまずその心配はないということで、もし気になってるのなら打ってみると良いかもしれませんね。

また、にんにく注射を打ってる方はプラセンタ注射と併用して打ってる方も多いようです。

ただし、このように、にんにく注射とプラセンタ注射を打っている方でもタバコ吸っているとその効果が半減するそうなので、しっかり効果を得たいのならば、タバコをやめることを考えた方が良いかもしれません。

「にんにく注射には副作用はないって本当なの?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です